ひろく・あさく・ときどき・ふかく
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
免疫力は自律神経に大きく影響されます

自律神経とは
自分の意思と無関係に体の働きを調整している神経系で
交感神経(活動時や興奮時に働く)と
副交感神経(休息時やリラックス時に働く)から成り立っています

交感神経と副交感神経はシーソーのようなバランスを保ち
免疫のシステムはこのシーソーのアップダウンに連動しています

交感神経が優位だと顆粒球が増加し
副交感神経が優位だとリンパ球が増加します
二つの神経がバランスよく動き、顆粒球とリンパ球が適度に増減するのが望ましいとされています

交感神経の緊張状態が続くと顆粒球が増えるので
体内の有益な細胞まで攻撃し、リンパ球が減少するため
小さな異物の処理能力が落ちて免疫力が下がってしまう(=病気になりやすい)のです
反対にリンパ球が多くなりすぎると、異物に過剰反応を示し
花粉症などのアレルギーを起こしやすくなります

じゃぁ、どうすれば良いのでしょうか? 

more

日常生活を見直すことによって
自律神経はコントロールできるのです

食事に気をつける=交感神経を刺激する塩分の取りすぎに注意
適度に動き=副交感神経の優位を防ぐ
適度に休む=交感神経の過度の刺激を防ぐ
ストレスを上手に解消

このようなことに気をつけるだけで
自律神経のバランスを整えることにつながるのです
TAG.list *  自律神経失調症  免疫力 

 

 

Comment

 

勉強になりました。心がけますね^^

NAME:猫むすめ | 2005.12.14(水) 01:36 | URL | [Edit]

 

→猫むすめさんへ

何気ない日々の積み重ねで健康を手に入れられるなら
やらない手は無いよね!

NAME:あさみ | 2005.12.14(水) 08:39 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 SA・KU・RA・SA・KU, all rights reserved.

あさみ

あさみ
子無し専業主婦
2005年9月
小腸癌告知 ステージ3
2005年10月
開腹手術、約30cm切りました

何時まで続くかわからない人生
日々、不安との戦い
でも・・・
毎日を一生懸命生きようと
ガンバってます!

抗がん剤(TS1)内服治療
(2006年12月抗癌剤卒業)

Since 2005.12.01
(C)SA・KU・RA・SA・KU



  • 管理者ページ
  • 最近のコメント

    10  04  01  12  11  10  04  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12 

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。